大原孝治の名言から学べること

大原孝治と言う人物について聞いたことはありますか。実は、この人はあの有名なドン・キホーテグループを束ねている取締役社長という役職についている人です。今までさまざまな名言と呼べるものを残していて、これからの日本を考える上でとても参考になると思います。大原孝治社長の名言には例えば、「インフラづくりに完成形はない。時代が変わればそれに合わせて変えていかなければならない」ということばがあります。皆さんも知っているようにドン・キホーテは免税店として有名です。税金がかからないことから数々の外国人を虜にしてきました。これも一つのインフラづくりといえるでしょう。さらに、最近になって中国との関係性をより深めています。

中国では知らない人はいないクレジットカードをお店で使えるようにしたり、その人の国のお金を使って買い物が出来るようにしたりしました。ここからわかることは、彼がインフラについて非常に重く考えているということです。商品を購入してもらうには、お客さんが気持ちよく買い物ができる環境を作り上げていく必要があります。ちょっとでも会計のときにやりにくさを感じさせてしまうと、最初はよくてもまた再び来てもらえることはないでしょう。彼の名言を復唱してみると、常にお客さんのことを考えて行動しなければならないということがしひしひと伝わってくるようです。これからの日本経済を盛り上げていくためには、このような彼の言葉からいろいろなことを学んでいかないといけないでしょう。